ドッグシッター(犬のペットシッター) あーるわん

ドッグシッター(犬のペットシッター)&犬のしつけ相談 大阪府八尾・柏原・藤井寺羽曳野・松原・平野区・東大阪南部で活動 あーるわん

犬の家庭教師・犬の十戒
犬の社会化
犬に対してのリーダーシップ
犬の散歩
犬のシニアライフ
ペットロス・虹の橋・旅立ちの日


ドッグシッター(犬のペットシッター)&犬のしつけ相談 大阪府八尾・柏原・藤井寺羽曳野・松原・平野区・東大阪南部で活動 あーるわん 犬の社会化
犬が成長する際に、人間社会に関わる上で重要な時期があります
生後50〜90日頃の社会化期といわれる時期です

ではその時期にどういう事をさせるといいのか?
例として、社会化期には下記のこと体験させることがが必要です

ドッグシッター(犬のペットシッター)&犬のしつけ相談 大阪府八尾・柏原・藤井寺羽曳野・松原・平野区・東大阪南部で活動 あーるわん

老若男女のできるだけ多くの人に会わす
生活音に慣らす(チャイム・掃除機・テレビなど)
外でいろいろな事を経験させる(車・バイク・自転車など)
ほかの犬に会わせる(犬からもルール等を学びます)
ひとりでいることに慣らす(トイレやハウスを学ばせると便利に)

etc.


犬の社会化     犬の社会化
ファッションショー!         外に出て五感の社会化      
服やレインコートに慣れよう      また様々な人・動物・乗物を知ろう!

犬の社会化      犬の社会化
感触の社会化(人工芝の上)        ドライブに行く前に車の空間になれよう!
日常生活に接するものに慣れよう!     次にエンジン音を聞き少しずつ移動距離伸ばそう!



人と共存するために必要なことを多く経験させ、
将来トラウマにならなるような経験はさせないようにしましょう。


たとえ社会化期が過ぎすでに成犬になっても
人間社会に適応してもらうため
継続してルールやマナーを教え外に連れ出す事が必要です
もし人や犬等が苦手なことが有ってもあきらめずに
犬のレベルにあわせ犬に自信をつけさるようにしましょう
リーダーシップをとりまた環境を整えるようにしましょう

よく家族以外の人やほかの犬に対し吠えたり攻撃したりするなど
問題犬を犬のみの問題と捉えてないでしょうか?

しかし、そういう体験を積ませなかった事はないでしょうか?
そう、生まれながらの問題犬はいません。

問題行動は矯正より予防することが大切です!

【モデルは松原市のCOCOちゃんです】